>

借りているものだという認識

この記事をシェアする

毎日大切に使う

故意に家具や家電を壊した場合は、弁償しなければいけません。
高額な料金を請求されますし、もう2度とレンタルできなくなってしまいます。
デメリットしかないので、借りているものは丁寧に扱いましょう。
もし不注意で壊してしまった、汚してしまったという場合はすぐ業者に伝えてください。
すると交換してくれたり、修理してくれるなど対応します。

隠してもすぐにきづかれるので、正直に伝えましょう。
故意でないことがわかれば、修理代金を請求することもないでしょう。
業者ごとに、壊してしまった場合の対処方法が変わります。
生活している時は何があるかわからないので、前もって確認しておきましょう。
納得できたら、レンタルの手続きを進めてください。

同じ業者から借りよう

生活を送る際はたくさんの家具や家電が必要になると思いますが、なるべく同じ業者か全て借りるようにしてください。
すると返却する時が来ても、混乱しません。
複数の業者からレンタルしていると、どこにどの家具や家電を返却すればいいのかわからなくなってしまいます。
壊した、汚したなどのトラブルが起こった時も業者に連絡します。

その時に間違えたら大変なので、利用する業者を1つに絞りましょう。
ですから業者選びは非常に重要です。
適当に、目に入った業者を利用しないでください。
よくルールや扱っている商品を確認して、自分の借りたいものが全て揃っていることがわかったら利用しましょう。
家具や家電について相談があれば業者に連絡してください。
スタッフが相談に乗ってくれます。